三角関数の導関数

三角関数の導関数(公式)
公式の出し方
例題

三角関数の導関数

   

   

   


公式の出し方


長くなるので別ページで説明します。



【例題】
次の関数の導関数を求めなさい。

   

   

   

   

   




解法のポイント
三角関数の導関数の公式の他に,問題によって積,商の微分,合成関数の微分を使い分けていきます。

また,三角関数の相互関係を使うとうまくいくこともあります。



(1) 合成関数の微分を使って解きます。u=2xとおくとy=cos uとなるので

   



(2) これも合成関数の微分を使って解きましょう。u=sin xとおくとy=u2となるので

   



(3) 積の微分を使います。

   



(4) 商の微分を使います。

   

   

   

   



(5) 合成関数の微分を使って解きます。u=cos xとおくとy=sin uとなるので

   



スポンサーリンク

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
スポンサーリンク
最新記事
検索フォーム
ランキング